日本航空(JAL)は2016年11月1日、整備場の資材管理にビーコンを使用する実証実験を始めると発表した。羽田空港の格納庫などで航空機の整備に使う作業台200台のうち、140台にビーコンを装着。整備士が持ち歩くスマートフォンとBluetoothで通信し、作業台の現在位置を把握する。2017年3月までの実証実験を通じて、作業効率の改善効果などを検証する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら