「Magenta」の音楽AIが作曲・出力した音楽ファイルを譜面として見たところ。聞きやすい“音楽”に仕上がっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 どこかで耳にしたバッハ調の曲を、AIが自動で作曲してくれる。そんな芸術領域に特化したAIを開発するプロジェクトが米グーグルの「Magenta」だ。“音楽の父”とも呼ばれるバッハの楽曲を学習させたAIのプログラムを公開している。

芸術AI「Magenta」をインストール

 Magentaを利用するには、Magenta本体とAIの基礎データとなる学習済みモデルが必要だ。ここではMagentaプロジェクトがコンテナー管理ソフト「Docker」向けに提供する設定済みの環境を利用する。動作環境は、前回も利用したUbuntu 16.04 LTS。Ubuntu環境がない場合は、配布ページから「ubuntu-16.04.2-desktop-amd64.iso」をダウンロードし、DVDやUSBメモリーに書き込んだインストールメディアからインストールしておく。

 準備ができたら、Ubuntuにログインして「端末」を起動し、次のコマンドでDockerをインストールする。

$ sudo apt update
$ sudo apt install docker.io
$ sudo gpasswd -a $USER docker

 インストール後、Dockerの導入時に施された設定を反映させるために、いったんUbuntuからログアウトして再ログインする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら