宅急便はお客様の生活と直接に触れ合うビジネスモデルだ。その生々しさは、サービス業でも他に類がない。創業者から受け継いだ“お客様目線”が今も生き続けるヤマト運輸の現場こそが、ヤマトグループのブランドイメージそのものなのだ。その意味で、現場のリーダーであるエリア支店長のありようは、まさにグループの活力を左右する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら