VR(仮想現実)技術の応用分野として、いま最も活発なのが医療分野での応用だ。提供側のIT企業だけでなく、利用側の病院が新しいVR技術を積極的に取り込んでいる。患者の治療支援や医師の教育、人体の精緻な3次元(3D)モデルを使った手術支援、脳とVRを結んだ難病患者の生活支援と、幅広い応用が進む。VRが開く医療革命の最前線を紹介しよう。

 ロサンゼルスにある1902年創立の病院Cedars-Sinai Medical Centerは、治療や手術に伴う痛みや不安を和らげるゲームやリラックスできる映像を、VRヘッドセットを通じて体験するシステムを患者に提供している。VRベンチャーであるアプライドVR(AppliedVR)が開発したシステムで、複数の病院が試験導入している。

 同病院は大企業とベンチャー企業を結びつけて新規事業の創出を促す取り組み、いわゆるアクセラレータープログラムを運営する企業のテックスターズ(Techstars)と協業。医療分野に特化したプログラムを2016年初めから実施している。同プログラムは既に2期18社を輩出しており、アプライドVRは第1期生だ。

アプライドVRのシステムを体験する患者
(出所:アプライドVR)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば手術前で不安を抱える患者には、リラックスできる映像と音楽を体験してもらう。治療中だったり治療後の痛みで苦しんだりしている患者には、痛みを紛らわすゲームを提供する。同病院で試したところ、アプライドVRのシステムを使った患者のうち痛みが和らいだと答えた割合が25%、不安やストレスが緩和したと答えた割合が60%に上った。

 現在、VRヘッドセットを提供した韓国サムスン電子は、アプライドVRが同システムを病院へ売り込むのを支援している。既に約120の病院がテスト導入の意向を表明済みだ。特に小児科での効果が期待されている。

弱視の治療にVRゲーム

 サンフランシスコに本社を構えるビビッド・ビジョン(Vivid Vision)は、弱視をはじめとする視覚障害の治療にVRを活用している。子どものころからゲームが大好きだった創業者のジェームズ・プラハ(James Plaha)CEO(最高経営責任者)自身、視覚障害に悩んでいた。治療のためにVRゲーム「Diplopia」を開発。約一年試したところ、自らの視覚障害が大幅に改善したという経験を持つ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら