シリコンバレーで日々、投資活動をする筆者が得た最新のVR(仮想現実)情報をお伝えする本連載。初回である今回は、眼鏡型の体験装置であるVRヘッドセットの現状を振り返りつつ、米国を中心にした世界のVRヘッドセットのトレンド、コンテンツ充実に向けた動きを紹介する。

 現在のVRブームを作った立役者と言えば、やはり米オキュラスVRだろう。オキュラス(Oculus)とはラテン語で目という意味で、現代英語では目の形をした丸い穴やデザインを指す。

 カリフォルニア州立大学ロングビーチ校をドロップアウトしたばかりのパルマー・ラッキー(Palmer Luckey)氏が、クラウドファンディングサービスの「Kickstarter」上でVRヘッドセット「Oculus Rift」のキャンペーンを開始したのが2012年8月。Riftという名前にはヘッドセットが現実世界とバーチャルな世界の切れ目を作り出す意味を込めたという。同キャンペーンでは資金調達額の目標である25万米ドルをわずか1日で達成。最終的には240万米ドルあまりを集めた。

 2年後の2014年、オキュラスは米フェイスブックに20億ドル(2200億円)で買収された。この1件を境に、VRを取り巻く環境は激しく変化し始める。世界の大手IT企業や携帯電話メーカーが、こぞってVR市場への参入を表明。2015年末から2016年にかけて、コンシューマー向けの主要なVRヘッドセットが出そろうことになった。

米国とアジアの企業が入り乱れる

 スマートフォン(スマホ)の世界市場シェアが20%を超える(米IDC調べ)韓国サムスン電子はオキュラスと組んで、VRヘッドセット「Gear VR」を2015年11月に発売した。Gear VRはサムスン製スマホである「Galaxy」をヘッドセット前面に装着し、ディスプレー兼コンテンツ再生装置として使う。PCと有線接続する必要のある既存のVRヘッドセットと異なり、ワイヤレスで利用できるモバイルVR分野の先駆けとなった製品である。

主なVRヘッドセット
(出所:各社発表資料による筆者まとめ、価格は2017年5月時点)
[画像のクリックで拡大表示]

 オキュラスVRも2016年3月、初のコンシューマー向けバージョンのRiftの出荷を開始。競うように台湾の携帯メーカーであるHTCが、PCゲームのプラットフォーム運営で有名な米バルブ(Valve)と組んで、同年4月に「Vive」を発売した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら