前号では、「χ2(カイ二乗)検定」を用いたA/Bテストの方法と活用の仕方を解説しました。今回は、別の手法を使って、商品テストで得られた評価に差があると言えるかどうかを検討する方法を解説します。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら