相次ぐ大型のシステム構築プロジェクトや、デジタルビジネスに取り組む企業の増加などの影響で、多くのIT現場で人手不足が顕著になっている。現場のリーダーたちも「人が足りない」と口をそろえる(図1)。

図1●人不足に悩む現場の証言
業務が分かる人材を確保できない、応援を要請しても集まらないなどの声が上がった
[画像のクリックで拡大表示]

「20社に声をかけてもなかなか集まらない」

 例えば、アビームコンサルティングの矢野智一氏(執行役員 プリンシパル プロセス&テクノロジー第1事業部 FMCセクター)は「以前は構築するシステムの対象業務を熟知したメンバーを専任担当で加えられたが、今はそれが難しい」と打ち明ける。若手のメンバーにじっくり経験を積ませるゆとりも無くなってきたという。

 チームメンバーの不足を解消しようとパートナー企業に応援を要請しても、それが難しくなっている。パートナーも人手不足の状況に陥っているからだ。例えばウルシステムズの前岩浩史氏(マネジャー)は「パートナー企業に10人の応援を要請しても、最近は2、3人しか集まらないことがほとんど」と話す。SCSKの湯浅要治氏(金融システム第三事業本部 総合金融システム第三部 リース第一課長)は「大規模プロジェクトでJavaの技術者が必要になったが、20社に声を掛けてもなかなか集まらなかった」と言う。

 リーダーが手を尽くし、なんとか必要な人数を確保できたときも安心できない。インテックの森下栄治氏(NSG事業部 PMグループ)らのチームは、プロジェクト計画を立てた直後に中核メンバー2人を別の大型プロジェクトの応援に出さざるを得なくなった。代役として確保できたのは経験が浅い若手1人だけ。「どうやって乗り切るか悩んだ」(森下氏)。

 さらにIPAの片岡 晃氏(IT人材育成本部 イノベーション人材センター センター長)は、「量だけでなく、質の面でも不足が深刻化している」と指摘する。ユーザー企業の間ではWeb系のシステムの開発、または活用のニーズが高まっている。

 しかしWeb技術を得意とするITエンジニアは、オンラインゲームなど企業情報システム以外の業界との取り合いになっており、なかなか増えない。それが質不足につながっているという。

 チームは駒不足、パートナーの応援も頼れない。そんな逆境にIT現場のリーダーたちは置かれている。

効率化や成長のチャンスと捉える

 このように人手不足が顕著なITの現場では、悲鳴が上がる。ただし、人手が足りないチームにもかかわらず、円滑にプロジェクトを運営するリーダーも確かにいる。そうしたリーダーたちに共通するのは、逆境をむしろ前向きに捉えていること。既存の開発プロセスを見直して効率化したり、チームメンバーの成長を促したりするチャンスに変えているのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら