「メーカーは高いから」――。ユーザー企業のシステム部長が漏らした言葉に、ロンググロウの田原(たはら)清氏(代表取締役社長)は下請け脱出の確信を得た。メインフレーム上のアプリケーションをオープン系のサーバー上に移行させる「レガシーマイグレーション」に特化し、下請けSIerから元請けへと転身した。メインフレームに詳しいベテランエンジニアの採用など、体制面の整備が鍵となった。

 田原氏は大手ソフトウエア開発会社から1999年に独立し、ロンググロウを創業した。当時はインターネットバブルのまっただ中で、仕事には困らなかった。SES(システムエンジニアリングサービス)事業を中心に展開し、「人を増やすだけで売り上げが増えた」と振り返る。

ロンググロウの田原 清社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、SES事業では「単価を買い叩かれるし、上位のベンダーに対する価格交渉力を持てない」という現実にぶつかる。「売り上げは増えていたが、このまま下請けを続けても先がない。何か特化しないとビジネスが立ちゆかなくなる」(田原氏)。田原氏は焦りを募らせていった。

 特化に向けた試行錯誤の一つが、レガシーマイグレーションだった。同社のSES事業では、メインフレームの環境構築とJavaアプリケーションの開発の案件が多かった。「自社に合うのではないかと考え、半ば趣味的に始めた」(田原氏)。

メーカーが手出しできない領域と気付く

 当初は手探りだった。それまでの業態がSES中心だったのでユーザー企業に対する営業力もない。知り合いや付き合いのある会社から仕事を紹介してもらい、小さくレガシーマイグレーション事業をスタートさせた。

 そうした仕事の中で聞いたのが、冒頭の言葉――「メーカーは高いから」――だった。1社だけではない。複数のユーザー企業のシステム部長が異口同音に言っていた。「メインフレームの利用を止めたがっているユーザー企業は多い。ベンダーロックインをされて、高い費用を払うのに嫌気がさしている」。田原氏はそう実感した。

 レガシーマイグレーションを欲するユーザー企業は、既存のコンピュータメーカーを元請けにしたくないと考えている。下請けSIerが元請けに転身するのに好都合な市場だった。メーカーとの競合を回避できるため、「大きなチャンスがあると思った」(田原氏)。

 実際、業界最大手の製造業や電力会社といった大手ユーザー企業のレガシーマイグレーション案件を、元請けとして獲得するようになった。「大手企業から『直接契約でやりましょう』と言われたのはインパクトが大きかった。最初は『本当に良いんですか』と聞き返してしまった」(田原氏)。予感が確信に変わり、田原氏はレガシーマイグレーション事業に自信を深めた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら