ミヤタ自動車の働き方改革プロジェクト。5人のメンバーは議論を重ね、テレワークを導入すべくプランを練っていた。

 とはいえ、いきなり始めたところで、誰もやらないのは目に見えている。ミヤタには、横並びや同調の意識が強い社員が多く、目新しいものに飛びつく柔軟さが足りない。

 まずは改革のムード作りが大切だ。メンバーはとりわけ、働き方改革プロジェクトの認知度向上、つまり、「会社がワークスタイルを変えようとしている」ことを社員にもっと知ってもらうのが大事だと考えた。そこでポスターを作ることにした。

「変わります!ミヤタワークスタイル2.0」

 広報部と連携し、ポスターをオフィスや工場、食堂、リフレッシュルームなど、社内の至る所に貼り出した。会社が本気で働き方改革を進めていることを周知するのが狙いだ。ポスターのデザインは雪菜(人事部 主任)が担当。かわいいイラストを添えてくれた。

 「私、昔からイラストを描くのが好きなんです。学生のころから、Webで絵を描いていたんですよ」

 雪菜は大きな瞳を輝かせる。雪菜が所属する人事部でも、新卒の学生や中途社員を採用するためのWebサイトやポスターを作ることはあった。だがこれまでは全て外注。雪菜が腕を振るう場面はなく、ちょっと寂しかったそうだ。

 ポスターには社長のメッセージを載せた。そこには「働き方改革プロジェクトに協力してほしい」の一言もある。社長メッセージはイントラネットにも掲載する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら