閉じる

日経情報ストラテジー スペシャルリポート

日経情報ストラテジー

目次

  • クイーンズ伊勢丹がデータ分析で店舗改革

    仮説を数値で検証する風土作り

    高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」がデータ分析による店舗改革に乗り出した。運営する三越伊勢丹フードサービスとグループのシステム子会社がタッグを組む。外部のデータ分析会社を招き、改革の仮説や切り口を立てられる人材の教育を依頼。データに基づく意思決定ができる風土作りを、実際の売り場を舞台に試行する。

  • ファシリテーター育成の“虎の穴”に潜入

    脱・ダメ会議、仕切りの奥義に迫る

     時間ばかりかかって一向に結論が見えない。話がぶれて何について話しているのか分からなくなる――。「グダグダ会議」はビジネスパーソンの生産性を低下させ、組織の士気にも悪影響を及ぼす。短時間で多様な意見を集め、結論に導くには何が必要なのか。会議のプロが腕を磨く研修でその勘所を探る。

  • 伝わらない「残念な資料」を救え

    合意形成の達人が伝授

     プレゼンや報告では、相手によく伝わる、分かりやすい資料を作りたいと誰もが思うはず。でも現実には独り善がりの「伝わらない」資料があふれている。自分の資料を改善するだけでなく、部下や後輩にも適切な指導ができるようになりたい。そんなあなたに、合意形成の達人が「残念な資料」の救済策を伝授する。

  • 「10年ぶりの販売目標達成」にも貢献

    世界に広がるセルフサービスBI

     刻々と変動する経営指標を、社員のだれもがリアルタイムに分析できる「セルフサービスBI」。このツールを駆使して、ビジネスで大きな成果を生む企業が現れている。米ドーモ(Domo)のイベント「Domopalooza 2016」で明かされた、海外企業の活用法に迫る。

  • データサイエンティストが“売り時”をつかむ

    「予測」と「見える化」を究める

     機会損失や不良在庫をなくすには、顧客の需要に合わせたタイムリーな商品供給が必須。そのためには需要の正確な「予測」が有効だが、需要を「見える化」するだけでも大きな改善につながる。アサヒビールとトランコムのデータサイエンティストの奮闘から、そのプロセスを探る。

  • 意思決定を左右する「CAO」の役割とは

    今求められる最高分析責任者

     これからの企業にはデータ分析で意思決定に貢献できる「CAO(最高分析責任者)」が欠かせない。経営者はデータに裏付けられた結果から現状を正しく把握したうえでの判断を求められるからだ。クラウドやオープンソースの流れがCAOの仕事には追い風となり、活躍が大いに期待される。(本誌)

  • ドラッグストアの生データを分析

    筑波大生、BIツールで問題解決

     筑波大学はウエルシア薬局などと組んで、ビジネス分析コンテストを開催。学生がドラッグストアのリアルな販売データを分析して、業績向上策を提案する。セルフサービスBIツールも駆使して説得力あるプレゼンにも挑戦した。

  • 指先1つで情報連携、「トレイ」使い書類伝送

    チーム医療支える「身の丈IT」

     千葉県成田市では、在宅医療の最前線で「身の丈IT」が大活躍している。診療所と看護拠点、薬局など複数の医療機関が「トレイ」を介し情報共有するシステムを活用。症状の重い在宅患者を、迅速な連携プレーでケアする体制を築き上げている。

  • 経産省、経営者向けに初のセキュリティガイドライン

     サイバーセキュリティは経営問題―。経済産業省は2015年12月に公表した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」でこう明言した。経営者がサイバー攻撃から企業を守る理念や行動を記した国内初の指針だ。

  • 最終目標は、宅急便フルデジタル化による異次元の新サービス  

    ヤマト、LINE提携の先に「物流革命」

     ヤマト運輸がLINEと提携し、配達予定の通知をLINEで受け取るなどのサービスを始めた。このサービスを支えるのが、伝票データの「フルデジタル化」だ。差出人や受取人のデータを一元管理し、配送の効率化や新たなサービスへつなげたい意向だ。

  • コールセンター改革の最前線

    AI駆使して「つながらない」を解消

     電話がじゃんじゃんかかってくるのにオペレーター不足でつながらず、顧客のイライラが募る―。コールセンターの恒常的な課題を、最新ITで解決する動きが盛んだ。三井住友海上火災保険はAI(人工知能)で人員配置を最適化、ソネットはスマホアプリを使ってウェブに誘導する。

  • スターバックスのモバイルアプリ

    使いやすさ追究、顧客接点強化へ

     スターバックス コーヒー ジャパンは2016年5月25日にモバイルアプリの配布を開始した。プリペイドカードなどの機能を統合、利便性を高め、目標の2倍のペースでダウンロードが進む。顧客との接点を強化し、ロイヤルティーの向上を図る。

  • なぜなぜ分析で「不具合の表現」を学ぶ

    ホンダが品質改善で600人研修

    なぜなぜ分析で「不具合の表現」を学ぶ

  • パイオニアの鎌田氏に決定

    データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー2016

     2016年のデータサイエンティスト・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、パイオニアの鎌田喬浩氏。ビッグデータ分析の経験を糧に、AI(人工知能)の実用化に動き、4代目の受賞者に選出された。カーナビに搭載したカメラで撮影した大量の画像を使い、新サービスの開発に取り組む日々だ。

  • インダストリー4.0の先陣、シーメンス

    デジタル化の切り札「シナリティクス」の全貌が明らかに

     インダストリー4.0(第4次産業革命)発祥の地ドイツでは、企業のデジタル化が着々と進む。なかでもシーメンスは、いち早くデータ分析基盤を整えて製品の予防保全を実現。製品の安定稼働を保証するなどデジタルサービスが伸び、720億円の事業に育っている。

  • テスト強化だけが対策ではない

    ミロク情報サービス、ソフト開発でなぜなぜ分析

     ERP(統合基幹業務)パッケージなどを開発・販売するミロク情報サービス。2014年からなぜなぜ分析を始め、ソフト開発の上流工程の課題をあぶり出す。下流工程のテスト強化以外に新たな再発防止策を導き、品質向上に役立てる。

  • 場の働き方改革の労務管理Q&A

    テレワーク、副業、フリーアドレスにまつわる疑問を整理

     働き方改革のため、テレワークや社員の副業、フリーアドレスといった施策を検討している企業が増えている。労働法令との関係はどうなっているのか、疑問を感じている読者も多いだろう。社会労務士の立岩優征氏に、働く場所をカギに、Q&A形式で疑問に答えてもらった。

  • 働き方改革を阻む抵抗勢力対策

    推進側が「正義」で、反対派が「悪」なのか?

     働き方改革や業務改革のリーダーやメンバーが必ずぶつかる壁がある。それは社内の抵抗勢力だ。変革を起こそうとすれば、抵抗は必ず発生する。今やどの企業でも働き方改革が急務だ。会社によっては働き方改革のプロジェクトチームが立ち上がったところもあるだろう。

  • AIでカーナビ画像から渋滞を判別

    パイオニアのデータサイエンティスト、次の一手は深層学習

     パイオニアは高速道路の渋滞状況をAI(人工知能)に判別させるシステムを開発中だ。データサイエンティストらが渋滞画像を見て、人手で“教師”ビッグデータを作成。その画像を深層学習させることで、精度の高い判別システムを構築しようとしている。

  • JAL最高位整備士が語る人材育成

    自ら考えさせ、うまくいったら褒める

     約3000人が在籍するの日本航空(JAL)の整備スタッフのトップである、最高位整備士が今年定年を迎えた。自ら考えて行動させ、うまくいったら褒める、といった言葉からは、人材育成のコツが伝わる。JALの華々しい復活の原動力である現場力の秘密が、こんなところからもうかがえる。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

もっと見る