まだLinuxが生まれてから2年ほどだった、1993年に登場した最古参のLinuxディストリビューションが「Slackware」です。シンプルさが信条のOSで、600円台からの小型PC「Raspberry Pi(ラズパイ)」にピッタリなOSです。

 Slackwareをラズパイで動かそうとするプロジェクトはいくつかありますが、ここではRaspberry Pi 1/2/3をサポートする「Slackware ARM on a Raspberry Pi(SARPi)」を紹介します。SARPiプロジェクトが手がけており、ラズパイにSlackwareを導入するインストーラーを提供しています。

「Slackware ARM on a Raspberry Pi(SARPi)」の公式サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 Slackwareのインストーラーは、キャラクターベースのCUIアプリ。Linuxをインストールする領域を作り、導入するパッケージを細かく選びながらインストールしていきます。Linuxカーネルに複数のライブラリやアプリケーションを組み合わせていく“手作り感”を味わえます。

SARPiをインストール

 SARPiをインストールするには、まず公式サイトにアクセスし、「Downloads」メニューをクリックしてラズパイのバージョンに合ったインストーラーをダウンロードします。

SARPiのダウンロードページ。ラズパイ1/2/3用に分かれているので該当するものを選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 ラズパイ2/3であれば最新版の「Slackware ARM -current」を選びます。current版はラズパイ1が搭載するCPUに非対応なので「Slackware ARM 14.2」を選択してください。ここではラズパイ3用の「sarpi3-installer_slackcurrent_fd0.img.xz」をダウンロードします。

一番上の「sarpi3-installer~」がインストーラーのイメージファイル
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。展開すると「sarpi3-installer_slackcurrent_fd0.img」ファイルが取り出せます。インストーラーの容量は100Mバイトほどです。このファイルを「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

SARPiの起動イメージをmicroSDカードに展開
[画像のクリックで拡大表示]

 なおインストール後に必要な容量は最大で9Gバイト超に上ります。導入するパッケージを取捨選択すれば8Gバイト以下のmicroSDカードに収まりますが、なるべく16Gバイト以上のmicroSDカードを使うようにしたほうが良いでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら