スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」。そのランキングの指標となるのが「LINPACK」と呼ぶベンチマークテストのスコアです。その実装の一つである「HPL(High-Performance Linpack)」を、クアッドコアCPUと1Gバイトのメモリーを備えながら4000円台で入手できる「Raspberry Pi 2/3(ラズパイ)」で試してみましょう。

ベンチマークツール「HPL」を実行
[画像のクリックで拡大表示]

動作環境のRaspbianをインストール

 HPLの動作環境として、公式OSの「Raspbian(ラズビアン)」を用意します。ここではGUIを省いた軽量版の「Raspbian Lite」を利用しますが、GUI付きのRaspbianでも構いません。

 Raspbian Liteをインストールするには、公式インストーラーの「NOOBS」でネットワークインストールするか、Raspbian LiteのOSイメージファイルをダウンロードしてmicroSDに書き込みます。ここではRaspbianの配布ページからイメージファイルを入手します。2017年12月13日時点の最新版は「2017-11-29-raspbian-stretch-lite.zip」です。

ラズパイの公式OS「Raspbian」の軽量版である「Raspbian Lite」をダウンロード
[画像のクリックで拡大表示]

 イメージファイルはZIP形式の圧縮ファイルです。ダブルクリックで展開すると「2017-09-07-raspbian-stretch-lite.img」というイメージファイルが取り出せます。このファイルを「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

Raspbian LiteのイメージファイルをmicroSDに書き込み
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら