4000円台と安価ながら1.2GHz動作のクアッドコアCPUを搭載するPCボード「Raspberry Pi(ラズパイ)」。そのラズパイを人気のブログサーバー「WordPress」専用機に仕立てられるのが「PressPi」です。Webサーバーに軽量な「Nginx」を採用するなど、PCに比べれば非力なラズパイを前提とした工夫を施しています。

ラズパイをWordPressサーバーに仕立てられる「PressPi」。
[画像のクリックで拡大表示]

PressPiをインストール

 PressPiは、ブログサーバーのWordPressを導入済みのLinux OSです。WebアプリケーションであるWordPressを、動作基盤のWebサーバーとPHP実行環境を設定済みです。

 PressPiをインストールするには、まず公式ページにアクセスし、ページ上段の「ONE-CLICK INSTALL」を開いて「DOWNLOAD FLASH IMAGE」をクリックしてOSのイメージファイルを入手します。ここでは、2017年9月27日時点の最新版「PressPi_v3.1.rar」をダウンロードします。

PressPiのダウンロードページ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。OSイメージ(ここではPressPi_v3.1.img)のファイルサイズは7.4Gバイトです。展開後、「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトで8Gバイト以上のmicroSDカードに書き込みます。

PressPiのイメージファイルをmicroSDに書き込み。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら