手のひらサイズで4000円台のPCボード「Raspberry Pi(ラズパイ)」。そのmicroSDカードや外付けHDDをDropbox風のオンラインストレージとして使えるようになるLinux OSが「NextCloudPi」です。「NextCloud」プロジェクトが開発した公式のラズパイ向けOSイメージがあるため、書き込むだけで簡単に導入できます。

ラズパイをDropbox風のオンラインストレージに仕立てられる「NextCloudPi」。
[画像のクリックで拡大表示]

NextCloudPiをインストール

 NextCloudPiは、オープンソースのオンラインストレージソフト「ownCloud」から派生したNextCloudのラズパイ版です。NextCloudPiをインストールするには、まず公式ブログの配布ページからOSのイメージファイルを入手します。「Get it」欄から2017年9月20日時点の最新版「NextCloudPi_09-12-17.tar.bz2」をダウンロードしてください。

NextCloudPiのラズパイ向けOSイメージファイルの配布ページ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。OSイメージ(ここではNextCloudPi_09-12-17.img)を展開後、「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトでmicroSDカードに書き込みます。

NextCloudPiのイメージファイルをmicroSDに書き込み。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら