教育向けLinux OS「Kano OS」。子供がコンピュータを学ぶ教材として英Kano Computingが開発している。
[画像のクリックで拡大表示]

 小型PCボード「Raspberry Pi(ラズパイ)」でプログラミングや電子工作を学べるLinux OSが「Kano OS」です。ゲーム作りを通してプログラミングに触れる「Make Pong」、Linuxコマンドを駆使するアドベンチャーゲーム「Terminal Quest」といった、大人でも楽しめる教育ソフトを搭載しています。

Kano OSをmicroSDにインストール

 Kano OSをインストールするには、インストールイメージを入手してmicroSDカードに書き込みます。

 まず、Kanoの公式サイトにアクセスし、ダウンロードページから「Kanux-Beta-latest-jessie-release.img.zip」をダウンロードします。

ダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、ダウンロードしたZIPファイルを展開します。展開すると拡張子が.imgのファイルが出てきます。2017年8月時点の最新版は「Kanux-Beta-v3.10.4-Lovelace-jessie-release.img」です。これをイメージ書き込みツールでmicroSDに書き込みます。Windowsであればなら「Win32 Disk Imager」が便利です。

Kano OSのイメージファイルをmicroSDに書き込み。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら