軽量なデスクトップLinuxとして親しまれる「Ubuntu MATE(マテ)」は、4000円台のPCボード「Raspberry Pi」でも動作します。GNOME 2をベースとしたデスクトップ環境「MATE」を採用したUbuntuの派生版です(図1)。GNOME 2はUbuntu 11.04まで採用していたデスクトップ環境であり、現在のUnity+GNOME 3よりも比較的軽快に動作するといった特徴があります。

図1●Ubuntu MATEのデスクトップ画面。最初からGUI画面が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 Ubuntu MATEにはオフィスソフト「LibreOffice」、Webブラウザー「Firefox」、メールクライアント「Thunderbird」といった本格的なデスクトップアプリが含まれています。そのため、デスクトップ環境を備えるミニPCとしてラズパイを利用したい場合に最適なOSといえるでしょう。

 Ubuntu MATEのイメージファイルは、配布ページからダウンロードできます(図2)。

図2●Ubuntu MATEの配布ページ。一番右の「Raspberry Pi」欄を選ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

 「Raspberry Pi」欄の「Via Direct Download」をクリックし、「ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz 」を入手します。Raspberry Pi 2とRaspberry Pi 3に対応しています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら