FreeBSDはUNIXから派生し、米カリフォルニア大学バークレー校で開発された「BSD」(Berkeley Software Distribution)をその祖先とするOSです(図1)。高負荷時の安定性、堅牢性の高いアーキテクチャーを採用している点が特徴です。Linuxに比べてマイナーという印象があるかもしれませんが、その特徴からネットワーク関連機器やサーバーなどで盛んに利用されています。これらの分野に興味のある人なら触れておくべきOSだといえます。

図1●FreeBSDのログイン画面
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年10月下旬時点において、FreeBSDの公式なRaspberry Pi 3版は公開されていません*1。ここではRaspberry Pi 1またはPi 2を使用します。

 入手先にアクセスし、「armv6/ISO-IMAGES/11.0」フォルダーに移動します。名前の末尾が「-RPI-B.img.xz」のファイルがRaspberry Pi 1 Model B+用、「-RPI2.img.xz」のファイルがRaspberry Pi 2用の圧縮イメージです。

図2●FreeBSDのラズパイ用イメージ。ファイル名に「RPI」を含むものをダウンロードする。
[画像のクリックで拡大表示]

 使用するラズパイのモデルに合わせてダウンロードしてmicroSDカードに展開します。Windowsパソコンの場合は、展開したら「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトを使ってmicroSDカードに書き込みます。

*1 Raspberry Pi 2対応のイメージでは、Raspberry Pi 3が起動しません。FreeBSDのコミッターであるBrad Davis氏が開発している、FeeBSDベースのラズパイ用OS「RaspBSD」(http://raspbsd.org/)なら、すべてのモデル向けにイメージファイルが公開されています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら