A社の広報誌にビジネスメールのコラムを寄稿した平野所長と直井研究員。今週の月曜日に来るはずの誌面イメージPDFの確認依頼が水曜日になっても来ない。期限を越えても連絡が来ないとき、催促するべき?どう催促したらいいの?平野所長がアドバイスします。

平野所長(以下、平野):直井さん、A社の広報誌に寄稿したビジネスメールのコラム、掲載はいつだっけ?

直井研究員(以下、直井):11月の予定です。

平野:原稿の確認はもう済んだよね?

直井:原稿の確認は済みましたが、誌面イメージPDFの確認がまだです。今週の月曜日までに確認依頼がくる予定でしたが、まだ来ていません。

平野:え?今日は水曜日だよ。それに11月の掲載でしょ?時期が迫っているけど大丈夫?

直井:うーん。

平野:確認したほうがいいね。スケジュールはどうなっているの?

直井:誌面イメージPDFの確認依頼が今週の月曜日までにきて、こちらが確認して今週の金曜日までに戻すという約束でした。原稿を提出した後に電話で話して、そういう話になったんです。

平野:期限が決まっていたんだね。うちが確認して今週の金曜日までに戻すって、いつ確認するつもりなの?金曜日は直井さん、外出があるよね?

直井:午前と午後にあります。だから、月曜日にもらったら木曜日までに確認して戻そうと思っていたんです。

平野:となると、今のうちにスケジュールを確認しておかないと、自分の首を絞めることになるんじゃないかい?まさか相手が期限を守っていないから、こちらも守る必要はないなんて考えてはいないよね?

直井:そういうわけではありませんが。もしかして今週の月曜日までに送るといった約束を忘れているのでしょうか。

平野:さあどうだろうね。そして、推測で話を進めるのはトラブルの種だ。電話で話をした後にメールを送っていないの?

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら