日立製作所の東原敏昭社長兼CEO(最高経営責任者)が進める改革の成果を占う上で、外せないキーワードがある。「Lumada(ルマーダ)」だ。

日立製作所の東原敏昭執行役社長兼CEO
写真:陶山 勉
[画像のクリックで拡大表示]

 Lumadaは、鉄道や電力などの分野で利用する制御・運用技術のOT(オペレーショナルテクノロジー)と、AI(人工知能)やビッグデータ収集・分析などのITを組み合わせて、顧客にとって最適なソリューションを提供する製品・サービス群のこと。これを総して日立は、Lumadaのことを「IoTプラットフォーム」と呼ぶ。

 業種業態に関わらず様々な企業が、最新のOTとITを組み合わせて課題解決(ソリューション)できる点がLumadaの売りである。顧客企業がLumadaを使えば、機器の故障予兆診断サービスを実現したり、AIを活用したマーケティング力の強化を図ったり、コールセンターの生産性・受注率の向上を進めたりできるという。

 日立にとってLumadaは、成長を支える“本命”である。2016年4月から2019年3月(2016年度から2018年度)の3年間で1000億円を投じて開発・改良するとしている。

 ところがIoTの分野では、「インダストリアル・インターネット」を提唱する米GE(ゼネラル・エレクトリック)や、「インダストリー4.0」の中核企業である独シーメンスの勢いが目立つ。「日立はITに強く、IoT関連の製品・サービスの面でGEやシーメンスに劣っているとは思えない。だが日立よりもGEの方がIoTビジネスで成果を上げているというイメージが強い」。ある大手証券会社のアナリストはこう指摘する。

 GEはIoTプラットフォーム「Predix」を手掛けている。Predixといえば、航空機エンジンの稼働データをきめ細かく収集し、最適な運航計画に役立てるという活用事例が有名だ。GEはPredix関連事業の売上高を2020年までに150億ドル(1兆6350億円)に伸ばすと意気込む。シーメンスは、ドイツが国を挙げて推進する「インダストリー4.0」の中核企業として、その存在感を高めている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら