日本においてAPT攻撃(標的型攻撃)と言えば、知財や個人情報といった機微情報の窃取被害の印象が強い。記憶に新しい日本年金機構やJTB子会社の事件でも、マルウエア(エムディビやエラークスなど)を介して乗っ取ったパソコンを遠隔操作することで情報が窃取された。しかし、攻撃グループの本来の目的は、本当に情報窃取だったのだろうか。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら