クルマを単純にドライバーとしての視点ではなく、生活に役立てる移動手段と捉えると、従来とは違うクルマの在り方が見えてくる。前号で紹介した自動運転を利用した買い物弱者支援などはその一例。月額費用で利用できるプリペイド型自家用車、オンデマンドタクシーやライドシェアなどもある。これらのサービスを実現するうえでも、IoT(Internet of Things)が要になる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら