日本交通はグループで3500台ある全タクシー車両に新型の車載器を導入、収集した情報を多目的に活用している。業界横断の配車アプリ「全国タクシー」で空車を即時に把握・表示できるなど利便性と精度を向上。さらに営業情報とネットの口コミから見込み客をリアルタイムに予測する「AI配車システム」の開発を進める。売り上げ1割増の効果を目標に、2017年の実用化を目指す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら