「稼働後の改良しやすさを考慮すると、ここはこうすべきです」。

 基本設計のワークショップ。チームリーダーの山田さんは熱い思いで、あるべき姿を解説しました。しかし、顧客であるC社のメンバーの反応は「確かにそうかもしれないけどね…」「正論だろうけどさぁ…」といま一つ。

 「どう考えても正しいのに、どうして受け入れてもらえないんだ? ユーザーは稼働後のことを考えてくれない」と山田さんはがっかりしました。

 すると在田先輩が、「実を言うと、私もこの案はどうかな?と思っていたんですよね」と言い出しました。山田さんは戸惑います。C社のメンバーも驚きます。「え? 在田さんも?」と身を乗り出して聞き始めました。

 「はい。別のプロジェクトのとき、納得できずに違う解決策で進めてしまい、手痛い失敗をしたんです。プロジェクトマネジャーからこっぴどく叱られました。しかし、その失敗から多くのことを学び、今では確信があります。構築時の難易度やコストは多少上がりますが、C社さんと一緒なら、先を見据えたシステム作りを目指したいと思っているんです」

 C社のメンバーはすっかり賛成ムードになり、ワークショップが終了しました。しかし山田さんは自分も同じ案を推したのに…と納得できません。

 プレゼンスの目的は、単に自分をすごそうに見せることではありません。ビジネスでは相手から「この人の言うことは信頼できる。一緒にやってみよう」と共感してもらう必要があります。その時には三つの共感を意識してみましょう。

 一つめは「ゼロの共感」です。これは相手に「自分と同じ立場なんだ」と思ってもらう共感です。

 顧客であるC社のメンバーは、ベンダー側である在田先輩や山田さんに対して「自社にとって都合の良い案を押し付けてくる」と思っています。このままでは、山田さんのように「この案をお勧めします」と正論を主張しても、相手に聞く耳を持ってもらいにくいでしょう。
 そこで在田さんは「実は私も疑問を持っている」と発言しました。「C社さんと同じことを考えていますよ」と共通点を示したわけです。これによって、C社のメンバーに安心してもらっているのです。

隙がない正論は受け入れられない

 二つめは「マイナスの共感」。「この人にも大変なことがあったのか」と人間味を感じてもらう共感です。マイナスの共感は、自分のほうが相手よりも立場が強いときや、相手が権威を感じている場合に特に有効です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら