プロジェクトの中間報告会。複数のチームが順番に報告します。A機能を設計する山田さんのチームは途中、困難な状況に見舞われたものの、何とか巻き返してきました。山田さんは「この進捗なら顧客に満足してもらえるだろう」と手応えを感じています。

 進捗がほぼ順調だと伝わるように報告資料を作り込んでいると、報告会の開始直前に。山田さんは会議室にバタバタと駆け込みました。

 すぐに順番となり、報告書を読み上げました。ところが「そんな調子で後半戦は本当に大丈夫なの?」などと厳しい質問を浴びせられます。「せっかく巻き返したのに…」と山田さんは悔しい思いをしました。

 山田さんの報告が終わると、休憩時間になりました。同期でB機能を設計するチームのリーダーである有山さんが会議室に入ってきました。

 有山さんのチームもスケジュールが逼迫し、つい先ほどまでバタバタしていました。しかし今の有山さんからは、慌ただしい様子は感じられません。報告の直前というのに、ユーザー企業の関係者と談笑しています。

 有山さんの報告は終始和やかなムードで進みます。最後は「期待しているよ」などと声がかかりました。自分の報告と雰囲気が全く違うことに、山田さんは納得がいきません。

 報告や発表をする際には、その内容だけを見られているわけではありません。発表を聞く人は、発表者の立ち居振る舞いや雰囲気、つまりプレゼンスを見て「発表を信頼できるかどうか」を判断します。

姿勢・服装・距離感が相手への印象を決定づける

 特に公式の場で報告や発表をする際には、三つのポイントを意識して相手に与える印象を管理しましょう。三つのポイントは、(1)登場時の姿勢、(2)服装、(3)相手との距離感です。

 (1)の登場時の姿勢は、非言語メッセージ(言葉以外で伝わる身体的メッセージ)を発信すると考えてください。特に会議室に入る時などは、想像以上に相手に見られています。どんな姿勢かで「頼りになりそう」「焦っている」などと判断されるのです。

 この姿勢については、身体のどこから会議室に入るかを考えると、印象管理がしやすくなります。いくつかの例を見てみましょう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら