3回に渡ってZenコアの内部構造などを解説してきた。そこで、いよいよ実際の製品について解説する。

 AMDは2017年2月22日にZenコアを搭載した「Ryzen 7」の3製品を正式に発表。次いで3月16日には「Ryzen 5」の4製品を発表した。既にRyzen 7は小売店での販売が始まっており、日本での発売日だった3月3日には東京・秋葉原のPCパーツショップで深夜販売イベントまで実施されて、ちょっとしたお祭りになっていた。Ryzen 5は、Ryzen 7よりも低い価格帯の製品として、4月11日に発売される予定になっている。

仕様上の競合があまりいないRyzen 7

 このRyzen 7とRyzen 5のスペックと価格をまとめたのが表1である。Ryzen 5は、まだ構造の詳細などが明らかになっていないので、3次キャッシュの容量は筆者推定である。

表●Ryzenのラインアップ
※1 筆者推定
プロセッサコア/スレッド数動作周波数
(かっこ内はターボ)
3次キャッシュTDP付属CPUクーラー米国価格日本AMDによる
希望小売価格(税別)
Ryzen 7 1800X8/163.6GHz
(4GHz)
16MB95W無し499ドル5万9800円
Ryzen 7 1700X8/163.4GHz
(3.8GHz)
16MB95W無し399ドル4万6800円
Ryzen 7 17008/163GHz
(3.7GHz)
16MB65WWraith SPIRE329ドル3万8800円
Ryzen 5 1600X6/123.6GHz
(4GHz)
12MB※195W無し249ドル3万800円
Ryzen 5 16006/123.2GHz
(3.6GHz)
12MB※165WWraith SPIRE219ドル2万7800円
Ryzen 5 1500X4/83.5GHz
(3.7GHz)
8MB※165WWraith SPIRE189ドル2万3800円
Ryzen 5 14004/83.2GHz
(3.4GHz)
8MB※165WWraith STEALTH169ドル2万1000円

 なおモデルナンバーのルールは今回新しくなった。以前はAMD FX-XXXXやAMD AYY-ZZZZといった形で定義されていたが、今回からは図1のようになった。

 7は「エンスージアスト」「プロシューマー」向け、5は「ハイパフォーマンス」、3は「ミドルクラス」となっているが、これは高性能PC向け、ミドルクラス、低価格機向け、と言い換えてよいだろう。千の位は世代、百の位は性能、末尾数字2桁がモデルを示すナンバーとなっている。

 最後の英字は、Xが「XFR」機能付き、無印が通常版、GはデスクトップPC向けでグラフィックス内蔵型(Ryzenにはまだない)、Tは低消費電力版、Sは低消費電力でグラフィックス機能内蔵、Hは高性能モバイル向け、Uは標準のモバイル向け、Mは低消費電力のモバイル向け、という意味だ。T、H、Uあたりはインテル製CPUを意識した意味付けと言える。

図1●XはXFR機能付きの意味なので、Ryzen 7 1700ではXFRの機能が無いことになる。またRyzen Mobileとして開発中の製品は、末尾にGが付くもようだ。
(出所:米AMD)
[画像のクリックで拡大表示]

 Ryzen 7は、Zenの本来の仕様である8コア/16スレッド構成がそのままの仕様となっており、モデルごとの違いは動作周波数と消費電力のみである。インテル製CPUも含めて、これまでデスクトップPC向けに8コア/16スレッドというCPUはあまり例がなく、インテルの高性能PC向けCPU「Core i7 Extreme Edition」のシリーズが競合製品として挙げられる。

 AMDは、Ryzen 7との比較において、Core i7-6900KやCore i7-6800Kを競合として位置付けている(図2)。いずれも、インテルの主力であるLGA1151ソケット用のCPUではなく、LGA2011ソケットに取り付けるサーバー向けCPUを転用した製品(開発コード名はBroadwell E)である。Ryzen 7 1700の競合であるCore i7-7700Kは、LGA1151用の最上位CPUだ。

図2●Ryzen 7 1800Xの競合は、同じく8コア/16スレッドで、動作周波数が3.2GHz/3.7GHzと比較的近いCore i7-6900Kとしたのだろうが、その下のグレードに関しては価格でマッチングしているようだ。
(出所:米AMD)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら