IoTシステムを設計するエンジニア、すなわちIoTアーキテクトには、どのような資質やスキルが求められるのだろうか。やはり、組み込み系とエンタープライズ系、そして人工知能やビッグデータなどの知識を合わせ持った、スーパーマンのようなフルスタックエンジニアが必要なのだろうか?

 実際、「IoTシステム技術検定試験」や「IoT検定」などのIoT関連試験は、非常に広い範囲の技術について出題される。人工知能だけでなく、アジャイルもデータベースも電子工学も法律も範囲に含み、広大である。これらを全て勉強し、経験を積まないといけないのだろうか。

 今回は、IoTを設計するアーキテクトに求められるスキルや知識を定義してみることにする。

悪いアーキテクトの条件

 良いアーキテクトの条件を知るには、悪いアーキテクトの例を見ていくことが早道だ。悪いアーキテクトはいくらでもいるが、その一端を紹介しよう。

(1)実装を知らない
 妄想で実現性が薄いアーキテクチャーを作りがち

(2)余計なことに首を突っ込む
 本質が抜けて、細かい部分に拘りすぎる

(3)バランス感覚が悪い
 システムの効率性を無視、あるいは機能性を無視する

(4)勉強をしない
 その結果、アーキテクチャーを作ることが人任せになる

(5)人の意見を聞かない
 自分の意見だけを推し進める

 この逆が良いアーキテクトである。もう蛇足かも知れないが以下に列挙する。

(1)実装を知っているが、細かな実装に拘り過ぎない
(2)企画や要求、運用者の心を掴む
(3)バランス感覚に優れる
(4)よく勉強する
(5)人の意見と自分の意見を調整できる

[画像のクリックで拡大表示]

 またアーキテクトは国民性も影響している。一般的に言われていることは、欧州では役割分担をきっちりとする職務型アーキテクトであり、米国では最初の出だしを一人で作るフロンティア型アーキテクトであり、日本ではチームで一緒に考える擦り合わせ型アーキテクトである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら