IoTのアーキテクチャーは、現状の製品やサービスの設計図としての役割だけでなく、将来に渡る未来予想図としての役割がある。

 つまりアーキテクチャーは現実主義者(as is)と理想主義者(to be)の両者を持つ必要があるが、この両者は同時には相容れないものが多い。さながら「二兎を追う」ようなものである(図1)。

図1●IoTアーキテクトは現実と理想の二兎を追う
[画像のクリックで拡大表示]

 アーキテクチャーは、現実主義者として獲物を追い、さらに未来を見据えた理想主義者として未来の獲物を追う。

 現実主義者としては、獲物を捕まえる仕掛けをちゃんと作れるかをまず気にする。そして、仕掛けを作る手間をなるべく省けるようにする。さらに獲物(IoTシステム)の実行速度やメモリーにも気をつける。

 一方で理想主義者としては、将来にわたり、獲物を捕まえることができるようになることを考える必要がある。たとえ目の前に1匹の獲物がいたとしても、将来の10匹の獲物の方を優先する。将来に獲物の行動が変わったとしても、あらかじめそれを見込んで罠を仕掛ける。

 IoTシステムのアーキテクチャーは、この両者を兼ね備えていなければならない。一兎だけを追う者は二兎を得られない。しかし現実には現時点の獲物を狙うか、将来の獲物を狙うかを決断しなければいけないときがある。

 もっと正直に言えば、決断をするということは、どこかを見捨て、焦点を絞るということだ。問題を見逃すことはいけないが、知っていてその問題を見捨てることは悪いことではない。特にIoTのアーキテクチャーにおいては、その決断は後で意味を持つ。

 前回はアーキテクチャーの定義や概要を見てきたが、今回はIoTアーキテクチャー設計に待ち受ける課題(試練)と解決の一端を見ていくことにする

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら