IoT(インターネット・オブ・シングズ)の製品やサービスを企画するのは楽しい。

 人がどこに居るか、車がどこを走っているか、荷物がどこにあるか。そのときの人や車、荷物はどんな状態なのか。これらは今後どんな行動をするのか。IoTは、IoTデバイス(モノ)から得た情報をこねくり回して、新しい体験(コト)を約束する。そして体験が集まれば、それは有益な情報が詰まったビッグデータ(ネタ)になり、新しい商売につながる(図1)。

図1●IoTが目指す企画の姿
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいサービスを考え、多くのユーザーが使う未来を考えるのは、エンジニアにとって至上の喜びである。そこには夢と希望がある。そこではどんな誇大妄想な企画でも、どんな無茶な要求でも叶えたくなる雰囲気になる。

 だが、そこに落とし穴がある。IoTへの要求が際限なく広がり、技術やコストの面で無理難題な企画が通ってしまえば、その先は失敗しかない。一度夢破れれば、その組織ではIoTという言葉が禁句になってしまう。

 今回は、IoTを成功に導く「IoTの企画」の作り方を紹介しよう。

IoTの企画とは

 IoTの企画を見ていく前に、従来の製品企画からおさらいしよう。企画ではまずお金のやりとりを考え、次にモノとコト、つまりシステム構成と提供するサービスやその流れを決めていく。

 従来の業務システムはオンプレミス(構内)システムであることが多く、サーバーやクライアント機器、各種周辺機器、ネットワークなどは、自分たちが管理し制御できる構内に配置されることが多かった。この閉じた世界の静的な環境で、サービスを企画していた。システムの使われ方もデータの量や質も性能も障害対応も全部決まっていた。

 これに対してIoTは、使われるデバイスは種々雑多であり、インターネット上でIoTデバイスのセンサー情報などが大量に、そして多くは非定型なデータとしてやりとりをする。ITシステムも、オンプレミスのように手の内にあるとは限らない。

 IoTの企画では、開いた世界で動的に変わる「モノ」と、様々な使い方をする「コト」をそれぞれ企画しなければならない。

 IoTでは、モノ(IoT機器)ではなく、コト(サービスや体験)の企画が中心になる。そしてコトにより集まってくるビッグデータなどの「ネタ」をどのように使うかの企画をする。モノ作り企業がIoTに取り組むとすれば、戦略策定をモノからコト、ネタへと重点を移行させる必要がある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら