今、エンジニアが身に付けるべきスキルは何か。本連載では、最近転職した高スキルのエンジニア、およびその人を採用した側へのインタビューを通じて、「優秀なエンジニアが身に付けたいスキルはどんなものか、なぜそれを身に付けたいと思ったか」「企業が今、エンジニアに求めるスキルは何か」に迫る。

 第1回に登場するエンジニアは、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」のコミッターである笹田耕一氏。同氏は2017年1月、クックパッドに転職した。笹田氏に転職を決意させたものは、何だったのか。


 国内最大級のレシピ情報サイトを運営するクックパッド。2017年1月、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」のコミッターである笹田耕一氏を社員に迎えた。コミッターとは、システムのソースコードなどを管理するデータベース(リポジトリ)に、変更を加える権限を持つ開発者のことだ。

 笹田氏はRuby言語処理系の主要開発者の一人として、Rubyの性能改善に大きな役割を果たしてきた。今後はクックパッドの業務として、Rubyのコミッターの活動を続ける。

 「Rubyが良いものであり続けることは、クックパッドにとって大事なこと」。こう話すのは、クックパッドの執行役CTO(最高技術責任者)である成田一生氏。米ヘロク(Heroku)に勤務していた笹田氏に、熱心なラブコールを送った。オファーを受けた笹田氏も「クックパッドに入れば、既に動いているソースコードを使ってRubyを改善できる」と魅力を感じ、移籍が実現した。

クックパッド 技術部 エンジニアの笹田耕一氏(右)と、執行役 最高技術責任者の成田一生氏
(撮影:八木 玲子)
[画像のクリックで拡大表示]

クックパッドの99%はRubyでできている

 クックパッドがサービス開発にRubyを採用し始めたのは2007年ごろ。「開発効率が高く、少ない工数でサービスを作れる。リリース後にも、ユーザーのフィードバックを受けて素早く改善できる」(成田氏)ことを評価した。今では、クックパッドのソースコードの99%はRubyで書かれているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら