ICTを平和目的に積極的に活用しようという動き「PeaceTech」。その推進者の1人である金野索一氏が、PeaceTechのキーパーソンに会い、その取り組みや思いを語ってもらう。(菊池 隆裕=日経BP総研 イノベーションICT研究所)

 平和のためのテクノロジー利用である「PeaceTech」を体現している日本人経営者、6人目のゲストは北浦健伍氏だ。2016年6月に、日経FinTechが主催する「Nikkei Fintech Conference2016」のピッチコンテストで最優秀賞を受賞した「AGRIBUDDY(アグリバディ)」という農村向けスマホアプリ開発の指揮を執った人物である。実は同氏は、日本で貸金業を長年営んでいた。

AGRIBUDDY CEOの北浦健伍氏
(写真:Edo Tech Global)
[画像のクリックで拡大表示]

 「儲かっていましたが、1日も早く辞めたかった。大手ではなかったので、私たちのところに現れた人は、かなり追い詰められている。その結果、『北浦がいなくなってほしい』と考える人が、私の周りに多くなっていくのです」(北浦氏、以下同)

 バングラディッシュのムハマド・ユヌス氏は、同じ貸金業でも、グラミン銀行を創設してノーベル平和賞を受賞した。この違いは何なのだろうと考えるようになった。

 「違いは、お金を貸すときの想いだと気がつきました。目指す世界が違うと、ここまで違うのかと驚愕しました。それが原体験です」

 2005年、北浦氏は貸金業を辞めた。その後数年にわたって次に進むべき道を模索した。そして、人間関係を根こそぎ変えるため、カンボジアに行ってボランティアを始めた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら