住信SBIネット銀行FinTech事業企画部長の吉本 憲文氏と、インフキュリオン・グループ代表取締役社長兼ネストエッグ取締役フェローの丸山 弘毅氏は、日経FinTechが2017年2月28日に開催した「Nikkei FinTech Conference 2017」のセッションに登壇。協業と今後のビジネス拡大について意見を交わした。モデレータは日経FinTech 岡部 一詩が務めた。

住信SBIネット銀行FinTech事業企画部長の吉本 憲文氏(左)とインフキュリオン・グループ代表取締役社長兼ネストエッグ取締役フェローの丸山 弘毅氏(右)
(撮影:加藤 康、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 住信SBIネット銀行は2016年12月に、ネストエッグの自動貯金サービス「finbee」との協業を発表。「更新系API」を用いた連携を開始すると表明した。

 更新系APIとは、サービスを提供する事業者が、利用者のログインIDやパスワード、個人情報などを保有することなく、口座への振替などを行えるようにする仕組み。finbeeでは、スマートフォンアプリを用いて、住信SBIネット銀行の目的別口座に対して貯金、つまり「自分の口座から自分の口座への振替」ができる。

 こうした仕組みを構築するために重要になるのがAPIだ。金融庁がAPIの提供を金融機関の努力義務とする報告書をまとめており、法案化に向かっているとみられる。こうした動きについて、住信SBIネット銀行の吉本氏は「(金融庁の動きによってFinTech市場が)盛り上がるとよい。新しいテクノロジーを普及させる要素の一つ」と述べた。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら