時間貸し駐車場「タイムズ」とカーシェアリング「タイムズカープラス」でともに業界首位に立ったパーク24。強さの秘密は自前のシステムと無人サービスで培ったIoT、そして内製で磨いたグループ力にあった。

 パーク24の業績が好調だ。2016年10月期は2期連続の増収増益を達成。主力のタイムズ駐車場が堅調に推移したほか、2014年10月期に黒字転換したカーシェアの利益が拡大。前期は会社全体の営業利益の1割以上を占める約28億円の営業利益を、カーシェアで稼ぎ出した。

 2016年10月末時点のタイムズ駐車場の件数は約1万5000カ所、車両台数にして約53万台まで増加。時間貸しではトップを独走する。

 一方、タイムズ駐車場で借りられるカーシェアの車両台数は約1万6000台、ステーション数もタイムズ駐車場の約半分に相当する約8500カ所まで増やしている。利益貢献するビジネスに育ち、市場の約7割を握る最大手となった。

 パーク24は車を「停める」だけでなく、「動く」事業でも首位固めに成功した。「動く」と「停める」の両方をグループ内に併せ持つのがパーク24の特徴であり、最大の強みになっている。車は動いたら、必ず停めなければならないからだ。

 パーク24の攻勢はこれだけにとどまらない。2016年に限っても、数多くのサービスをリリースした。なかでもカーシェアの法人開拓の切り札として用意した「クルマの運転見える化サービス」(運営はタイムズ24)や、レンタカー「タイムズカーレンタル」の車両を最寄りのタイムズ駐車場まで届ける「ピッとGOデリバリー」(運営はタイムズモビリティネットワークス)、そして予約できる駐車場「B-Times」(運営はパーク24)と、勢いは止まらない。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら