4画面のフルHDを表示できる43型の超大型液晶ディスプレイ

 数ある4Kディスプレイの中でも異彩を放っているのが、LGエレクトロニクス・ジャパンの「43UD79-B」(実勢価格は8万円前後)である。43型と、液晶テレビと見まがうほどのサイズで4K解像度をサポートするパネルを搭載する製品であり、WebブラウザーやWord、Excelなどさまざまなアプリケーションのウィンドウを1画面に表示できる。

43型ワイドの液晶パネルを搭載するLGエレクトロニクス・ジャパンの「43UD79-B」
[画像のクリックで拡大表示]

 もうひとつの特徴は、解像度やパネルサイズの大きさを生かし、複数のパソコンからの映像入力を一画面にまとめて表示できることだ。映像入力端子としてはHDMI×4、DisplayPort×1、Type-C×1と6系統の映像入力に対応しており、そのうち4系統分の映像入力を1画面に4分割して表示できる「Picture in Picture」機能を搭載する。

4台のPCからの映像入力を、画面を4分割して表示できる。Excelデータとグラフデータの出所は経済産業省
[画像のクリックで拡大表示]

 例えばメインで使っているパソコンのほかに、ゲーム機やBDレコーダー、検証作業中のパソコンの映像などをまとめて表示できるため、同時並行で様々な作業をしたいユーザーにはピッタリだといえる。分割した領域は、おおむね21型前後のフルHD液晶ディスプレイと同じサイズと解像度になるので、視認性も充分高く、それぞれの領域ごとの作業も十分可能だ。

映像入力端子はHDMI×4、DisplayPort×1、Type-C×1の構成。4K解像度でリフレッシュレート60Hzの表示に対応するのはHDMI×2とDisplayPort、Type-C
[画像のクリックで拡大表示]