簡単でラクにIoT(Internet of Things)を実現できる製品やサービスが続々と登場している。こうした製品・サービスを利用することで、実証実験から本格導入に進まないIoT導入の突破口になりそうだ。


 IoTシステムを開発するうえで欠かせないのが、組み込み系や通信に関する知識や技術だ。これまで企業システム開発に携わっていたITエンジニアが、IoTシステムの開発を検討する際に最も難しいと感じる部分だ。

 こうした技術のカベに悩んで、IoT化が進められなかったITエンジニアにお勧めなのが、スマートフォンを使ったIoTシステムの開発だ。スマートフォンにはセンサーや通信機能が備わっており、これを利用してIoTシステムを開発できる。

 実際にスマートフォンを活用したIoTシステムの開発を支援する製品・サービスも登場している。その1つが、ベンチャー企業のMomoが2017年12月に発表した「Palette IoT」だ。提供開始は2018年2月を予定している。

アクセサリーを使ってスマホをエッジに

 Palette IoTは最近、スマートフォンのアクセサリーとしてはやっているリング型ホルダーを利用して、スマートフォンをIoTシステムのエッジとして利用できるようにするセットだ。

 Palette IoTの構成要素は、センサー8種類とそのセンサーのデータを送信するための基板、スマートフォンに付けるキーリング型の受信装置、そしてスマートフォン向けのアプリケーションだ。

 利用者は温湿度、距離、加速度、人感など8種類のセンサーから1つを選んで基板に設置する。基板には通信装置が付属し、スマートフォンに付けた受信装置と「Wi-SUN」を利用して通信する。Wi-SUNはスマートメータの通信などに利用される通信規格だ。スマートフォンの通信装置とスマートフォン本体は、マイクロUSB で有線接続する。受信したセンサーのデータは、このケーブルを通じてスマートフォンに送られる。

スマートフォンをエッジとして利用できる「Palette IoT」
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンのアプリでは、センサーから取得したデータを活用するためのアプリケーションをドラッグ・アンド・ドロップのみで開発する機能を提供する。データをグラフ形式で表示する、センサーからのデータが設定した閾値を超したら通知する、といったアプリケーションを開発できる。「センサーデータをクラウドに送って分析したい」といった場合には、スマートフォンの通信機能を使って、センサーデータをJSON形式でクラウドに送信できる。

 Palette IoTの価格はオープンで、企業向けのみの販売となる。「介護事業者の排泄の検知や、農業での利用などを想定している」とMomoの大津真人社長は説明する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら