2015年に米国で開催された米IBMの人工知能(AI)システム「Watson」関連のイベントで、日本のWatsonユーザーがIBMの担当者に詰め寄るシーンがあった。ユーザーが利用している「Watson API」の1つが2016年に「サンセット」になると聞いたからだ。サンセットはサービスが終了することを指す。

 この様子を目撃したという参加者は「ユーザーが不満を持つのも無理はない」と話す。Watson日本語版の正式発表は2016年2月だが、一部ユーザーは2015年から導入を進めていた。APIの終了で影響を受けたのは、試行錯誤しつつWatsonの導入を進めていたこれらの先行ユーザーだ。

 同じ役割を果たす後継APIは、機能や使い勝手に関して大幅に強化された一方で、互換性はなくデータをそのまま引き継ぐことはできない。

 しかしAPIが使えなくなる以上、先行ユーザーは後継APIを使わざるを得ない。従来のAPIを使っていたユーザーの多くが、現在は後継APIに移行したとみられる。

注:IBMはWatsonをAIと呼んでいるものの「Artificial(人工)ではなく、Augmented(拡張)の意味だ」としている。ただし、深層学習を含む機械学習や自然言語処理といったAI技術を使っていることから、人工知能という意味での「AIシステム」ともみなせる。

APIの種類は倍増、統廃合も

 前回紹介したように、Watsonの中核を成すのがWatson APIだ。ビジネスでの利用を想定して、チャットボットやテキスト分析、音声認識といった機能を提供する。その中身は機械学習など複数の要素技術を組み合わせたもので、「深層学習(ディープラーニング)も自然言語処理、音声認識、画像認識などの用途で幅広く使っている」と日本IBMの元木剛理事ワトソン・ソリューション担当は話す。WatsonユーザーやパートナーからはAPIの使い勝手の良さを評価する声を多く耳にする。

 問題はAPIの仕様変更が相次ぐことだ。日本語版の正式発表からの約2年でAPIの数は倍増。単純に増やすのではなく、統廃合を繰り返している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら