レインボーカラーの華やかなメリーゴーラウンドを作りました(図1)。メリーゴーラウンドの動力伝達部分はCAD「Fusion360」で設計したデータを3Dプリンターで出力して作成しています。モーターの制御はラズパイで行っています。

図1●動作テストの様子。ディスプレイも搭載している
[画像のクリックで拡大表示]

 支柱に小さなWebカメラを搭載してあり、Twitterに撮影画像を投稿する機能を備えました。SORACOMのSIMカードを使っており、Wi-Fiやネットワークがない環境でも投稿が可能です。Maker Faire Tokyo 2016で展示した際は、会場の様子を自動で撮影してツイートしたり、記念写真を撮ったりしました(図2)。

図2●展示会にて。カメラで会場の様子を撮影してツイートする
[画像のクリックで拡大表示]

 会場展示で気付いた点は撮影のタイミングが分かりづらいことでした。そこで7セグメントLEDを使って撮影の前にカウントダウン表示をする機能を加え、今回ラズパイコンテストに出品しました。カウントダウンは60秒前から2桁で表示でき、撮影4秒前には注意を促す音が、撮影時にはシャッター音も鳴るようにしてあります。7セグメントLEDのプログラミングが難しくて大変でした。

出典:ラズパイマガジン 2017年2月号 p.79
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。