米NVIDIAのJen-Hsun Huang創業者兼CEO(最高経営責任者)は2017年1月4日(米国時間)、「CES 2017」の基調講演を行い(写真1)、同社の自動運転用AI(人工知能)プラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX 2」を自動車メーカーの独Audi、自動車部品メーカー大手の独ZFと独Boschが採用すると発表した。AudiとNVIDIAは2020年までに「レベル4」の自動運転を実現するとした。

写真1●「DRIVE PX 2」を手に講演する米NVIDIAのJen-Hsun Huang創業者兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 NVIDIAが車載スーパーコンピュータと呼ぶDRIVE PX 2の採用は、2016年の段階でスウェーデンのVolvo Cars、米Tesla Motors、中国Baiduが発表済み。今回、大手自動車部品メーカーであるZFとBoschがDRIVE PX 2の採用を発表することで、より多くの自動車メーカーにDRIVE PX 2が広まる可能性が高まった。

 米Intelも同日に、「Atom」「Xeon」プロセッサやFPGAで構成する自動運転プラットフォームを「Intel Go」と名付け、独BMW GroupとイスラエルMobileyeの3社で自動運転車の公道テストを2017年後半に開始すると発表した。米Qualcommが2016年10月に買収すると発表したオランダNXP Semiconductorsも自動運転プラットフォームを持っている。NXPは2016年5月に自動運転用車載コンピュータ「BlueBox」を発表し、2020年までにレベル4の自動運転を実現するとしている。

 パソコンやスマートフォンのプラットフォームを供給してきた大手半導体メーカーが、今度は自動運転プラットフォームを開発し、パソコン/スマホメーカーに代わって自動車メーカーや部品メーカーを自社陣営に引き込もうとする構図が明確になった()。

表●自動運転プラットフォームを巡る動き
自動運転プラットフォームNVIDIA DRIVE PX 2Intel GoBlueBox
半導体メーカー米NVIDIA米Intel蘭NXP Semiconductors(米Qualcommが買収を発表済み)
自動車メーカー独Audi、中国Baidu、米Tesla Motors、スウェーデンVolvo Cars独BMW Group
部品メーカー独Bosch、独ZFイスラエルMobileye

マイナス30℃~80℃の環境で稼働可能

 自動車部品メーカーのZFはNVIDIAのDRIVE PX 2をベースに、自動運転用の車載コンピュータ「ZF ProAI」を2018年までに製品化する。ZF ProAIは摂氏マイナス30度から80度までの環境で稼働が可能。同社のStefan Sommer CEOはCES 2017に伴う記者会見で、「ZF ProAIは自動車だけでなく、トラックやフォークリフトの自動運転を実現するものになる」と語った(写真2)。

写真2●「ZF ProAI」を発表する独ZFのStefan Sommer CEO(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車部品メーカーの取り込みは、NVIDIAの陣営作りにとって大きな意味を持つ。「センサーやアクチュエーターを自動運転システムと統合するのは、ZFのような自動車部品メーカーの協力が無ければ不可能」(NVIDIAのRob Csongor氏)だからだ。ZFやBoschとの提携は、NVIDIAにとって大きな一歩になりそうだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら