[ユーザー接続エリア]パソコンなどの端末をつなぐ

 最初にユーザー接続エリアを見よう(図1)。このエリアでは、ユーザーが使用するパソコンやタブレットなどの端末を、社内ネットワークにつなげる役割を果たす。

図1●ユーザー接続エリア
ユーザー接続エリアでは、ユーザーのパソコンやスマートフォンなどを接続するための機器が登場する。具体的には、有線のLANで接続するための「スイッチ」と、無線LANで接続するためのアクセスポイントだ。
[画像のクリックで拡大表示]

基本はアクセススイッチで接続

 ユーザーのパソコンをつなげるスイッチを「アクセススイッチ」と呼ぶ。このアクセススイッチは、ビルの各階に置かれる。しかし、1つのフロアに別々の部門がいる場合、単純に同じスイッチにパソコンをつなげてしまうと、異なる部門が同じネットワークにつながってしまう。同じ社内なので問題なければよいが、安全性などのためにネットワークを分けたい場合もある。

 そのため、VLANという技術を使う。VLANは物理的には同じスイッチにつながっていても、仮想的にネットワークを分割する技術だ(図2)。通常、VLANはフロア内のネットワークを分割する用途で使い、フロアにまたがって同じVLANを使うのは避ける。

図2●VLANでネットワークを分割
1つのアクセススイッチに接続している機器でも、同じネットワークに属さないようにしたい場合がある。その場合、「VLAN」機能を使ってネットワークを分割するのが普通だ。異なるフロアに部署が点在する場合も別のネットワークに分けた方がトラブルになりにくい。
[画像のクリックで拡大表示]
▼スイッチ
複数の接続ポート間の通信を「切り替える」機能を提供することから「スイッチ」と呼ばれる。広く使われるイーサネットスイッチの場合、イーサネットのフレームを受け取り、宛先MACアドレスなどの情報から適切な接続ポートに送り出す動作を行う。
▼VLAN
Virtual Local Area Networkの略。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら