[アクセススイッチ]パソコンなどをまとめてネットワークへと導く

[画像のクリックで拡大表示]

 アクセススイッチはパソコンなどの端末をネットワークに接続するための機器だ。ツイストペアケーブルのイーサネットで、複数のコンピュータを接続する装置として最初に登場したのがリピーターハブだ。リピーターハブは入ってきた通信をすべての接続ポートに転送する。リピーターハブでは、実際に必要とされる通信の何倍もの通信が発生してしまう。

 現在は利用効率を改善したL2スイッチがアクセススイッチとして使われる。パソコンのネットワーク端子など、イーサネット接続端子ごとに付与されるMACアドレスを参照して、相手が接続されたポートだけにデータを送る(図6-1)。

図6-1●リピーターハブとスイッチの違い
スイッチが登場する以前は、リピーターハブが用いられていた。リピーターハブは接続したポートすべてで同じパケットが流れる。このため、不要なパケットがすべてのポートに配信されてしまい、通信の効率が低下する。スイッチは宛先のMACアドレスを学習後、必要なポートのみにパケットを流す。不要なポートにパケットが流れないので効率が上がる。
[画像のクリックで拡大表示]

 企業などで使うアクセススイッチは、ある程度以上の接続ポート数と、安定動作が求められる。家庭向けのL2スイッチと比べると、管理機能や性能が強化されている。企業向け製品では100M~1Gビット/秒の接続ポートを8~48個備えている。上流のディストリビューションスイッチへ接続するために高速な1Gビット/秒の接続ポートを2~4個備えているスイッチが多い。

状況を把握できる管理機能

 障害発生時に原因を迅速に特定したり、障害発生そのものを未然に防ぐため、アクセススイッチにもSNMPなどを通じた管理機能が用意されている

 トラブル回避の機能も備えている。STPというプロトコルで、トラブルを検知すると一部のリンクを切断し、特定のスイッチを中心として経路がループしない木(Tree)を構成する。

 STPが防ぐトラブルは「ループ」である。ループは、文字通りネットワークの接続が環状になってしまったときに発生する。イーサネットでは接続相手のMACアドレスが分からない場合、全員宛てに通信(ブロードキャスト)して問い合わせる。接続が環状になっていると、この問い合わせが延々と続いてしまい、ネットワークをパンクさせてしまう。

 意図的にループ状の構成にしておき、STPを使ってこれを解消させる場合もある。障害が発生した際に再度STPを動作させれば、残った回線部分だけで通信を継続できるからだ。ただしルートとなるスイッチからのSTP情報を待つため、60秒程度の通信遮断が発生する。

▼ツイストペアケーブル
より対線のこと。イーサネットはこの種のケーブルを使うようになって普及した。
▼リピーターハブ
単純に「ハブ」とも呼ぶ。
▼L2スイッチ
スイッチングハブと呼ぶこともある。
▼SNMP
Simple Network Management Protocolの略。ネットワーク監視およびネットワーク管理を行うためのプロトコル。
▼用意されている
管理者がスイッチの状況を知る機能を備えたスイッチを「インテリジェントスイッチ」とも呼ぶ。なお個人で使用するスイッチには、こうした管理機能がないスイッチが多く使われている。
▼STP
Spanning Tree Protocolの略。優先順位などの設定でルートとなるスイッチを選び、ループ構成になっている一端を遮断してループを回避する。
▼60秒程度
この時間を短くする方法として、構成変更のきっかけとなったスイッチが自発的にSTPパケットを送出するRSTP(Rapid Spanning Tree Protocol)などを使う。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら