「為替の影響を除いても、海外事業は成長しているとは言えない。市場環境は厳しい」。財務の立場から富士通の海外事業を見ている富士通の川又陽 財務経理本部 グローバルファイナンス・マネジメント統括部 統括部長はこう語る。

 富士通の田中達也社長は、「海外売上高比率50%以上」を任期中の連結業績目標に掲げている。

 だが、50%への道は険しい。2016年4月~9月期の国内・海外連結売上高は、前年同期比1562億円減の2兆850億円。このうち海外売上高の比率は37.7%で、前年同期に比べて4ポイント減った。円高の進行が主因だが、それを差し引いても海外事業は各セグメントで低調だ。

富士通の海外売上高比率の推移。2015年3月期からIFRS(国際会計基準)を適用。富士通データブック2016年7月を基に編集部が作成
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら