働き方改革への機運の高まりは、主力のOffice 365にとっては追い風かもしれない。だが、日本マイクロソフトはワークスタイル変革ソリューション頼みで突き進むのか。

(聞き手は戸川 尚樹=ITpro編集長、編集は井原 敏宏=日経クラウドファースト)


政府が働き方改革を推進しています。2017年はやはり、ワークスタイル変革をテーマにしたソリューションが主力ですか。

 デジタルトランスフォーメーションを進めている多くの企業にとって、社員力を高めることは重要なことですから、その支援にはもちろん注力しています。社員力を高めることは、顧客企業にとってのお客様とのつながり方や社内業務の効率化、製品・サービスの強化にもつながる非常に重要な取り組みです。

(撮影=陶山 勉、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 特に日本は人口減少が進んでいくにもかかわらず、労働生産性が低く、長時間労働が世界一という状況です。この部分についてはいずれの企業も本腰を入れて、改善していかなければならないでしょう。

AIやIoTにも注力、面白い商談も

 ただし当社の注力分野は、ワークスタイル変革だけではありません。AI(人工知能)ソリューションやIoT(インターネット・オブ・シングズ)ソリューションがそうです。これらについては、要員を相当数増やし、様々なリソースを拡充しています。

 ソフトウエアやサービス、最近ですと当社の立体映像用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」などの要素を組み合わせて、お客様にとってインパクトのあるソリューションをより数多く提案、実現していきます。実際に、リテールや製造、建設などの業界でAIやIoTに関する面白い商談が相当数ありますよ。

Office365やWindows、Azureのイメージが強いこともあり、マイクロソフトがAIやIoTのソリューションに力を入れていて、インパクトのある事例があるといったイメージはほとんどありませんでした。AIやIoTのマーケティングは現時点ではまだ弱い印象を受けますが。

 どんなにいい仕事をして、優れた技術・製品を持っていても、それを知ったり、理解していただいたりしないことには先に進みません。(AIソリューションやIoTソリューションについての)メッセージを、より分かりやすく発信していく必要があると思っています。

AIやIoTとは別の話になりますが、Office365について、検索機能の向上など改善すべきことがあるかと思いますが、いかがでしょうか。

 お客様のご意見や指摘をきっちりと受け止め、改善し続けています。ただし具体的なご意見があるようですから、そちらについてはまた改めて情報交換させてください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら