バーチャルリアリティ(VR)技術の普及は、ゲーム分野が先行するがそれだけではない。医療や報道、スポーツなどの分野で既に活用が期待されており、それらのビジネスを変革しそうだ。VR技術の開発者や、ビジネスの拡大を目指す企業が集い、VR活用の可能性について議論した。グリーと一般社団法VRコンソーシアムが11月26日に共同で開催したイベント「Japan VR Summit 2」での一幕だ。

 VRを使ったゲームや映像、配信サービスを手掛けるベンダーが複数の討論に登壇。VRを中心としたビジネスや、市場の動向などについて熱く議論を交わした。午後には、ゲーム以外のVRやAR(拡張現実)の活用について討論するパネルディスカッションが開かれた。題目は「VR/ARはゲーム/エンタメから各産業へ花開く」である。

午後に開かれたパネルディスカッションの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 登壇したのは、次の4人。まず、ゲーム開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの大前広樹日本担当ディレクターだ。ゲーム機向け開発環境の設計、開発やミドルウエアなどの導入経験が豊富だ。

 VR映像や360度動画などの配信サービスを手掛ける米リトル・スター・メディアの創業者でCEO(最高経営責任者)を務めるのがトニー・マガベロ氏。ソニー・ミュージックエンタテインメントと提携し、9月からスマートフォンのアプリケーションでVR映像を見られるサービスを提供している。

 「好きなポケモンはカビゴン」と、自己紹介したのは米ナイアンティックの野村達雄ポケモンGOゲームディレクター。米グーグルで地図サービス「Google Maps」関連のエンジニアとして約4年間活躍した後、2015年当時は社内ベンチャーだったナイアンティックに参画した。

 コロプラの馬場功淳代表取締役社長は、自社でVR向けゲームを開発するだけでなく、投資活動にも積極的だ。2015年12月には投資ファンドの「コロプラネクスト2号ファンド投資事業組合(以下「Colopl VR Fund」)」を設立した。「ファンドとしての規模は、総額100億円ほど」と話す。

 司会はVR専門の情報発信サイト「Mogura VR」を運営する企業「Mogura」の久保田瞬代表取締役 Mogura VR編集長が務めた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら