以前からあるOfficeアプリケーションとOffice 365は、どこが違うのか――。今回はOffice 365導入前に感じがちなそうした素朴な疑問を解いていく。

通常のOfficeアプリケーションとOffice 365は何が違いますか?

 Office 365は契約制のサービスで、毎月または年一括で料金を支払う。契約者はWord、Excel、PowerPointなど、最新版のOfficeアプリケーションをダウンロードして、パソコンにインストールできる。

 以前は、個人ユーザーがOfficeアプリケーションを利用するにはパッケージ版を購入するか、Officeが付属するパソコンを購入する方法が主流だった。これらは、一度購入すればそのまま使い続けられる「買い切り」タイプだ。

 ただし、導入時の費用が高いのが難点。例えば、パッケージ版の「Office Home & Business 2016」の価格は3万7584円(税込み)になっている。Officeがバージョンアップした場合は、新版に買い換えるか、古いバージョンのまま使い続けるしかない。

 これに対し、例えば、「Office 365 Business」の場合、月額1090円(税別)で利用できる。契約中は常に最新のプログラムが提供されるため、ソフトのバージョンアップのたびに追加料金を払う必要はない。

画面1●Office 365の契約者は、最新版のOfficeアプリケーションを利用し続けられる。現在のバージョンはOffice 2016だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら