前回、Azureには、新旧の管理ポータルとデプロイメントモデルがそれぞれ存在することを説明した。今回は、新旧のポータルについて掘り下げてみよう。正式名称は新しいポータルが「Azureポータル」、従来のポータルが「クラシックポータル(第4世代)」だ。ここでは分かりやすいように、新ポータル、旧ポータルと記す。

 新ポータルが2014年4月にプレビューとして公開された当初は、実装された機能が旧ポータルより少なかったのに加え、パフォーマンスや安定性が十分ではなかった。そのため当時、新ポータルを試したユーザーの中には、悪いイメージを持っている人がいるかもしれない。

 しかしプレビュー期間中からアップデートが継続されており、現在では利用に耐え得る水準に達したといえる。新ポータルは旧ポータルが対応するサービスの大部分をカバーしつつあり、新サービスの中には新ポータルでしか管理できないものが少なくない。加えて、新ポータルの管理機能や操作性は、旧ポータルを上回る。

 例えば新ポータルでは、「システム」や「ネットサービス」といった単位でAzure上のリソースを管理できるようになった。これは、システムを運用するうえで大きな利点といえる。旧ポータルでは、Azureのサービスによってリソースの管理単位が区切られる。

 別の例として、仮想マシンに固定IPアドレスを付与する操作を挙げる。旧ポータルではPowerShellなどからの操作が必要だが、新ポータルを用いるとGUIで設定できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら