ISDNは、NTT(当時は日本電信電話公社)が1970年代に示した「電話やデータ、画像などすべての情報通信サービスをデジタル網で一元的に提供する」という構想を実現するために作られた。今では音声とデータを同じネットワークでやり取りするのは当たり前なので、ピンとこないかもしれない。

 なぜISDNが画期的だったのか。当時の通信事情や開発の意義、ブレークスルーとなった技術について説明する。

電話網とデータ通信網を統合

 ISDNの構想が示された当時は、通信手段といえば電話が主体だった。電話はほぼ全世帯に普及し、電話会社は新しいサービスの開拓に力を入れていた。

 1980年ごろになると、ビジネス用途を中心に利用されていた高速データ通信向けの網(バックボーン)の整備が進み、電話はアナログの電話網、データ通信はデジタルのデータ通信網をそれぞれ使うようになった(図1)。それまでも電話網を使ったデータ通信は可能だったが、モデムで音声帯域の信号に変換する必要があり低速だった。当時の技術では伝送速度が2.4k~48kビット/秒と低く、高速化が求められていた。

図1●電話網とデータ通信網を統合した通信基盤
1980年ごろの通信ネットワークは電話網とデータ通信網が別々に構築されていた。ISDNではこれらを統合し、デジタル化した通信基盤を構築した。
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに新サービスとして、静止画像を配信するビデオテックス(日本名ではCAPTAIN)や、動画のテレビ電話、テレビ会議などの開発も進められていた。これらの新サービスをそれぞれ別々のネットワークで提供するのでは効率が悪い。そこで、一つのデジタル網で総合的に扱えるようにしようと、ISDNの構想が登場したのである

▼デジタル網
ISDNをデジタル網で構築したのは、デジタル網ではあらゆる情報を1と0で表して送るため、効率が良いからである。
▼登場したのである
ISDNの理念は、電話網とデータ通信網を統合したデジタル網を実現することだったが、現実にはISDNができても、NTTはデジタルデータ交換網DDX(回線交換網のDDX-Cとパケット交換網DDX-P)を存続させていた。当時のISDN網はパケット交換機能を持っていなかったので、ISDNのアクセス回線からDDX-Pへつないでパケット交換サービス(INS-P)を提供していた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら