「ITエンジニアはほかの人より得意なことがないとダメ。一方で裾野が広くないと、ほかの人の持つ技術力を正しく評価できない。この考えのもと、エンジニアとしての腕を磨いている」。

 こう話すのはトレジャーデータでログ収集ツール「Fluentd」を含む各種OSS(オープンソースソフトウエア)の開発を手掛ける田籠(たごもり)聡氏だ。OSS関連のコミュニティーでは「モリス」という名前で活躍し、Twitterのアカウント(@tagomoris)には約5700人のフォロワーがいる有名人だ。

写真●トレジャーデーターの田籠聡氏
〈写真:小野さやか〉
[画像のクリックで拡大表示]

 田籠氏のITエンジニアとしてのスタートは、ISP(インターネットサービスプロバイダー)での社内システムの開発だった。就職後1年で、NTTデータ先端技術に転じる。インフラ系のプロジェクトを担当し、「プロマネやプリセールスなどをしていたものの、コードを書く機会はなかった」。

 そんな田籠氏が、コードを書く開発者に転身したのは、趣味で米GoogleのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)である「Google App Engine(GAE)」を使った開発を始めたことがきっかけだった。「30歳を前に『コードを書く仕事に就くなら最後のチャンス』と考えて始めた」と、田籠氏は当時を振り返る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら