今回は、DIGITSをインストールしてみる。CUDA 7.5のときに書かれたドキュメントでは、Ubuntuのパッケージ管理システムへリポジトリ―(インターネット側にあるパッケージ配布用のサーバー)を登録して、apt-getコマンドでインストールする方法が解説されていた。ところがCUDA 8.0でDIGITSをインストールする場合、この方法ではインストール時にパッケージの依存関係がエラーになった。そこで、NVIDIAのサイトからDIGITSをダウンロードする方法を使った。この場合は、NVIDIAの開発者登録にてメールアドレスを登録する必要がある。

 以下のURLからページを開いて、「Download」をクリックしたあと、次のページで「Join now」を押してユーザー登録をする。登録が完了したら、ログインできるようになるので、DIGITSをダウンロードする。メールによる登録確認はあるが、メールはすぐに来る。

https://developer.nvidia.com/digits

画面1●DIGITSのダウンロードページ。ここでは、「I agree to……」のチェックボックスをオンにしてから、DIGITS v4 for CUDA8を選択してダウンロードする
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードページでは、「DIGITS v4 for CUDA 8」を開いてダウンロードする。ダウンロードしたら以下のコマンドでパッケージをインストールする。ここでは、執筆時にダウンロードしたファイルの名前「nv-deep-learning-repo-ubuntu1404-6-ga2-cuda8.0_8.0.7-1_amd64.deb」がユーザーディレクトリのDownloadディレクトリにあるとしている。今後のバージョンアップなどでファイル名が変わる可能性もあり、ユーザー環境によってもダウンロード先のディレクトリ名が違うので適宜読み替えてほしい。

sudo dpkg -i nv-deep-learning-repo-ubuntu1404-6-ga2-cuda8.0_8.0.7-1_amd64.deb
sudo apt-get update
sudo apt-get install DIGITS

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら