ディープラーニングを実際に使ってみるには、ディープラーニングフレームワークを利用するのが簡単だ。もちろん、理論を学んでゼロから作ることも不可能ではないし、各種の演算ライブラリーなどに学習に利用できるような機能をサポートしているものもある。しかし、最初から作るというのもかなり大変な作業だ。

 ディープラーニングフレームワークを使うと、サンプルやフレームワークとともに運営されているモデルの流通サービスなどが利用できる。簡単に言うと、ディープラーニングの難しい部分を飛ばして、実際にどんなものなのかを試せる。

 ここからは、実際にディープラーニングを試してみることにする。

 ディープラーニングフレームワークをPCで動かすに当たり、考慮したのは米エヌビディア(NVIDIA)のGPUを搭載していること、ある程度CPU性能が高く、搭載メモリー容量が大きなこと。完全に好みの仕様に仕立てるためにデスクトップPCを自作する、という手もあったのだが、今回は最近様々な製品が登場している「ゲーミングノートPC」で動かしてみることにした。ノートPCなら組み立てなど手間の掛かることももなく、どこにでも持っていけるメリットがある。

 選択したのは、マウスコンピューターが2016年10月に発売した「NEXTGEAR-NOTE i5530」シリーズだ。4コア/8スレッドのCore i7を搭載しており、GPUに開発コード名「Pascal」で呼ばれていた最新世代のGeForce GTX 1060を採用している。NEXTGEAR-NOTE i5530シリーズは14万9800円(税別)の構成から選べるが、今回は、メモリーが32GBと大容量でSSDとHDDの2台のドライブを搭載したモデルにした。主な仕様は下の通りだ。

NEXTGEAR-NOTE i5530PA1の主な仕様
CPUCore i7-6700HQ
(4コア/8スレッド、2.6GHz、最大3.5GHz)
チップセットIntel HM170
メモリーDDR4 32GB(最大64GB)
ストレージM.2/NVMe SSD 256GB+Serial ATA 1TB HDD
グラフィックスGeForce GTX 1060(メモリー6GB)
ディスプレイIPS方式、1920×1080ドット、15.6型
主なインタフェースIEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2、SDカードリーダー、
HDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB 3.0×3、
USB 3.1 Type-C×2、ギガビットイーサネット
外形寸法/重量幅385×奥行き271×高さ27.9mm、約2.7kg
OSWindows 10 Home 64ビット
直販価格17万9800円(税別)
マウスコンピュータのゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5530(i5530PA1)」
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
NEXTGEAR-NOTE i5530のキーボード。大型ノートでありテンキーを備えている
[画像のクリックで拡大表示]
向かって右側の側面。通常のUSB 3.0端子に加え、USB Type-C端子も2個備える。有線LANはギガビットイーサネット対応
[画像のクリックで拡大表示]
左側面。ディスプレイ出力はHDMIとMini DisplayPort×2の3系統
[画像のクリックで拡大表示]
背面は端子類が少なく、シンプルだ
[画像のクリックで拡大表示]

 事前にインターネットで検索したところ、「ディープラーニング用に機材を調達するとき、ゲーミングノートにしてみた」という記述も見かけた。このPCにUbuntuをインストールして、ディープラーニングフレームワークを動かす。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら