連載第1回でも紹介したように、5Gは単なる無線技術の進化にとどまらない可能性を持つ。超高速に加えて、多数同時接続、超低遅延という新たな機能を実現する5Gについて、徐々に産業界からの期待が集まりつつある。

犯罪の未然抑止実現に5Gへの期待を語るALSOK

 綜合警備保障(ALSOK)もそんな1社だ。同社は5Gを活用した新たな警備サービス創出をめざし、NTTドコモとNECと共同検討を開始した。

 昨今、テロや事件のターゲットが、重要人物から、警備が手薄な一般の人々に移ってきている。従来のような重要人物に対する警備だけでは防ぎきれない。「犯行の予兆を、IoTや人工知能(AI)を駆使して捉え、犯行を未然に防ぐ新たな警備サービスが必要」と綜合警備保障商品サービス企画部商品サービス企画課の田中伸一課長代理は語る。そのために求められるのが高精細な映像による監視であり、「大容量通信が可能な5Gが必要になる」(田中課長代理)。

写真1●顔認証を使った要注意人物を特定するデモ。警備員のウエアラブルカメラをセンター側で解析する
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●センター側で要注意人物を特定
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●センター側で特定した情報を警備員のスマートフォンの知らせる
[画像のクリックで拡大表示]

 デモでは警備員のウエアラブルカメラから映像を常時伝送。センター側で映像を顔認証し、要注意人物と照合したうえで、警備員所持のスマートフォンに検知結果を即座にフィードバックするような例を紹介していた(写真1、写真2、写真3)。警備員が要注意人物を判別できなくても、システム側で補助してくれる仕組みだ。顔認証のシステムはNECのエンジンを使っている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら