大手ITベンダー4社の2016年4~9月期の連結決算が出そろった。ITサービス関連の業績でみると、日立製作所と富士通は円高の影響で減収するも、ハードウエア事業の利益率が改善して増益。NECは第1四半期(4~6月期)の不調を取り戻せず減収減益となった。NTTデータは海外事業で大型の増収要因があり増収増益だった()。

表●国内IT大手4社の2016年4~9月期決算
[画像のクリックで拡大表示]

 各社は海外事業の拡大、高利益体質への転換、クラウドサービスの開発など、事業改革を進めている。共通する目的は、営業利益率の改善だ。調査会社や証券会社のアナリストへの取材を基に、各社の経営計画に対する進捗や今後の課題をみていこう。第1回目の今回は、4社の中で唯一増収増益だったNTTデータだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら